やりたいことは、やってみよう。「日常」は、もっと自由になれるから。ツリーハウスを囲んで暮らすシェアハウス
    Homeツリーハウスカフェ、はじめました。

« | »

ツリーハウスカフェ、はじめました。

2012年10月26日

4月の前回ブログから、すっかりご無沙汰してしまいました。
ブログはお休みしていましたが、なんじゃもんじゃは日々進化しています。

以下(※)マークの写真:
プレオープンに遊びに来てくれた青木純さんにお借りしました!

————————————————————
未完成の家
————————————————————

なんじゃもんじゃはずっと、未完成の家でした。
そもそも、家ってどこが完成なのか
建物が竣工したら完成ってことになっているけど
人が住み始めるのが本当の「家」のスタートだとしたら
8部屋の住人が全員入居したタイミング、だったかもしれないし
住む人がそこで毎日を重ね、だんだんと、
なんじゃもんじゃらしい住まい方とか雰囲気とか
空気みたいなもの、文化みたいなもの、
ツーとカーみたいなものが醸成されていって
建物に刻まれていく、染み込んでいく。履き慣れた靴が足に馴染むみたいに。
そんな風に家が進化を続けていくのなら、
ずっとずっとどこまでも完成しないのかもしれなくて。

このブログは基礎ができる前から始まりましたが、
気がついたら、有難いことに、まだ家が建つ前から
「なんじゃもんじゃ大好きです」「応援してます」と
言ってくださる方が出てきたりして。
そのたびに、
ああ、まだ建物は建っていないけど、
なんじゃもんじゃハウスという家はすでにあるんだなあ、
なんて思ったりしたのでした。

だから、どこが完成だか、分かりません。
それでもこれまで、なんじゃもんじゃに確実に未完成だったものがあって
それが今月、ついに完成したのです。

それは…
お待ちかねの、ツリーハウス!!です。
いや、ツリーハウスカフェ!!!です。

専用サイトもできていますので、見てみてくださいね。

なんじゃもんじゃカフェ

 

————————————————————
ツリーハウスカフェができるまで
————————————————————

ツリーハウス完成までのプロセスは
以下の大関商品研究所ブログで紹介されていますので
ご興味のある方は、よかったらご一緒に振り返ってみてください。

ツリー!ツリー!ツリーハウス
プロジェクトX〜栄光の架け橋〜(大関商品研究所ブログ)
ツリーハウスカフェ営業への道(大関商品研究所ブログ)

はじめから「カフェをやる」とは言っていたけれど
まさか、本当に営業許可を取って(取れて)しまうとは。

現場でいずみちゃんに「全部でどのくらいかかったんだっけ?」と尋ねたら
「半年くらい?」と言っていたけれど
こうしてブログを読み返してみると、工事開始から約10ヶ月。
途中、バウハウス西麻布や飲食店の工事が入ったりして
(大関商品研究所は、飲食のお店をいくつか持っています)
現場を行き来しながら、じっくりじっくり、作り上げてきたのです。

10月20日、プレオープン。
10月27日、正式オープン。
11月からは金・土曜日を中心に、毎週オープンする予定です。
(不定期なので、事前にサイトのお知らせをご確認ください)

オリジナル焼き印入りのプレートに色を塗るいずみちゃん。
大工の馬場さんの手づくりですって。

この焼き印、覚えてる方もいらっしゃるでしょうか?

答えは……
上棟式で配った紅白モナカ
に入っていた焼き印でした!

 

————————————————————
ツリーハウスに登ってみよう
————————————————————

いよいよ、ツリーハウスに登ります。
以前はこの階段がなくて、ただ木の上に建設途中の小屋があり
木の幹に固定された脚立で樹上まで登っていたんです……
楽に登れて、全然、怖くない!
でもこの後、木の上で思いきり楽しむためにも
歩きやすい靴が、おすすめですよ。

ステップも、木の枝に合わせたカタチ。

到着しました!

(※)

ウロコみたい。

(※)

このまま飛んでいきそう。

(※)

結構、高さがあります。

入口の反対側はこんな感じ。
独創的すぎる外観。
でもね、なんだか木にはとっても馴染んでるんです。

 

————————————————————
なんじゃもんじゃカフェの人々
————————————————————

ツリーハウスカフェを運営するのは
なんじゃもんじゃハウス住人でもある、かなちゃん

ごはんもスイーツも、かなちゃんのお手製。
この日のために、オリジナルメニューの研究開発を着々と進めてきました。

気になるフードメニューはこちら。

・なんじゃもんじゃカレー 900円
・ベーグルサンド(スモークサーモン) 850円
・ベーグルフレンチトースト  750円
バナナジュースや、自家製ジンジャーエールも、そそりますねー。

そしてもうひとり、バウハウス横浜の住人さんが土曜日限定でカフェに立ち
豆にこだわったコーヒーを、丁寧に淹れてくれます。
カウンターに立つ姿がものすごくしっくり来てます。

ふたりが手づくり(手縫い!)した、オリジナルエプロン!
ポケットいっぱい。革ベルトで留めるところがおしゃれです。
すごくかわいい。

 

————————————————————
お店の様子
————————————————————

(※)

室内は、びっくりするくらい、ゆったり。

内装は、やっぱり大関商品研究所!なセンス。
ヘンテコなのにかっこいい。
なぜか天井にはスーザフォン。
おしりが妙になまめかしい、まゆげ天使。
外壁の一部は、洋服を樹脂で固めて作ったもの。
ステンドグラスのようになっています。

(※)

これがたぶん、なんじゃもんじゃの木と一番近い視点で
三ツ沢の街を眺められる席かもしれません。
風が、正面から、足元から、吹き抜けていきます。
「視界が抜けてる」なんて言い方がありますが、
まあ、抜けまくりです。

————————————————————
森のキッチンとテラス席
————————————————————

ツリーハウスからふと見下ろすと、
共用棟の屋根の上に白い小屋が……
しかも、テラス席もある!

実はこちら、厨房なんです。
ツリーハウスは衛生上の理由で(すき間が多くて生木がガンガン入ってる)
営業許可が下りず、別に厨房を設置することになったのです。
でも怪我の功名というのか、この厨房とテラス席がまた、格別なんです。

まかないの時間、
かなちゃんが、なんじゃもんじゃの目玉メニューのひとつ
「なんじゃもんじゃカレー」を作ってくれました。

素敵すぎる、森のキッチン。
窓からは緑が見渡せて、風が吹き抜けて、
まるで映画のワンシーンみたい。

この日は、牛すじスープでコクを出した、ビーンズのカレー。
山羊ミルクのチーズをトッピング。
お手製のピクルスを添えて、召し上がれ。

生まれて初めて知ったけど、
木の上で食べるカレーって、最高なんですね。

 

————————————————————
いよいよプレオープン。いらっしゃいませ
————————————————————

お腹いっぱいで幸せな気持ちに浸っていると

町内のお父さんたちが、
「防犯のお知らせ」を持ってやってきました。

「こりゃいいわー」
「どうなってんだ、これ??」

みんな興味津々。
元気のいい、小さなお客さんもやってきました。

「こわいー」

小さなお子さんには、やっぱりちょっと怖いみたい。
でも、怖いと言いながらも、大きな目をくるくると見張って、
小さな足で上へ下へと歩き回って、
楽しんでくれているみたい。

「こんにちはー」
「すごい。すてきー!」

おしゃれな女の子の2人組みもやってきました。
テラス席が似合いすぎて、すでに常連さんみたいな趣きです。
こんな場所なら、話も弾みますよね。
たとえ弾まなくても、黙って過ごすだけでも十分ですよね。

ツリーハウスとテラスの位置関係は、こんな感じ。
この木のスケール、高さは、やっぱり来て見てもらわないと分からない。
木の存在感だけでも、きっと圧倒されると思います。

 

————————————————————
ツリーハウス、完成しました。
————————————————————

大関さんの現場をいつも担当してくれている
水道工事士さんも来てくれました。
ツリーハウスのカフェなんです、と言うと
皆さん、
「どうやって食べ物や飲み物を上に持っていくの?」
と訊かれます。
下で調理をして、樹上に運ぶと思うんですね。普通はそうですよね。
ツリーハウスでお湯が出るなんて、思わないですよね。
(※ただし衛生上、調理は厨房で行っています)

水道管を木の幹を這わせて、ツリーハウスと厨房に水を引いたのですが
なるべく目立たないよう、 水道管は木肌に近い色に着色しています。
はじめは木の色=茶色くしてみたのですが、ちっとも馴染まない。
そこで水道工事士さんが見つけてきたのがこの色。
いずみちゃんは最初「こんなオリーブ色??」と思ったそうですが
塗ってみると、ピッタリだったそうです。

テラスに接しているところまでは木材の色に合わせ、
木の幹に移るところから色を変えています。
丁寧な仕事をするからこそ、
その仕事のあとに気づかない。
まさに、職人さんの仕事です。

世界にふたつとない独創的なツリーハウスを地道に作り上げた、
大関さんといずみちゃん。
こんな素敵なカフェを企画しオープンにまでこぎつけた、かなちゃん。
厨房を作った馬場さん、みんなを影で支える経理の永田さん。
皆さん、カフェのオープン、本当におめでとうございます。

本サイトのトップページにある、ツリーハウスの絵を見てください。
何百年も前からこの場所で人々の暮らしを見守ってきた、なんじゃもんじゃの木。
ここからまた、なんじゃもんじゃの新しい物語が、始まるようです。

————————————————————
11月の営業予定
————————————————————

11月の営業予定は、
11/2(金)、9(金)、10(土)、16(金)、17(土)、23(金・祝)、24(土)、30(金)です。
これからの季節、樹上で風に当たっていると少し冷えるので
暖かめの上着や肩掛けを持ってきていただくといいと思います。
どうぞ、遊びに来てくださいね。
なんじゃもんじゃの木がお待ちしています。

トラックバック URL

コメント&トラックバック

[...] こちらより→「ツリーハウスカフェ、はじめました」 [...]

はじめまして、埼玉県幸手市に在住の初老(42歳)の者です。
偶然目に停まった一枚の写真から大関商品研究所様とツリーハウスカフェの存在を知りました。
只今、大興奮にてメールを打っております(笑)
カフェへぜひ伺いたいのですが、お手数ですが営業予定日を教えて下さい。

梅澤様、はじめまして。ご興味をお持ち下さり、どうもありがとうございます!
現在カフェは「なんじゃもんじゃカフェ」として別のサイトで情報発信しております。
http://nanjya.jp/cafe/
こちらで営業日などお知らせしておりますので、ご覧いただければ幸いです。
なお樹上・野外といった環境のため天候の影響を受けやすく、急なお休みや、途中からお店を閉めることもございます。埼玉県からお越し下さるとのこと、最新情報はFacebookやTwitter(サイトにリンクがございます)よりご確認の上、なるべく天候の心配のない日にご来店頂けますと幸いです。
また席数が限られておりまして、休日は大変混雑することもございます。お時間に余裕を持ってご来店いただくことをおすすめいたします。

なおカフェおよびカフェのオフィシャルサイトは、別の者(大関商品研究所の社員)が担当しており、本ブログの管理者とは異なりますので悪しからずご了承ください。
今後ともなんじゃもんじゃハウス、なんじゃもんじゃカフェをどうぞよろしくお願い申し上げます。

なんじゃもんじゃハウス ブログ担当 石神

Comment