MENU

工藤壮人の現在は?水頭症の原因や症状は?くも膜下出血だった?

工藤壮人の現在は?水頭症の原因や症状は?くも膜下出血だった?

2022年10月18日にサッカー元日本代表の工藤壮人選手が体調を崩してICUで治療中と報じられました。

水頭症で手術をした後に容態が悪化したんだとか。

そこで今回は工藤壮人選手の現在と水頭症の原因いついて調査していきます!

目次

工藤壮人の現在は?

サッカー元日本代表の工藤壮人選手が体調を崩して入院中と報じられました。

工藤壮人選手は現在J3リーグのテゲバジャーロ宮崎に所属。
2022年現在も現役サッカー選手として活動中。

工藤壮人選手が当初入院していた要因は水頭症

今月11日には手術を受け療養していましたが、容態が悪化し、17日からICU・集中治療室で治療に専念しているということです。

引用:Yahooニュース

工藤壮人選手が入院するまでをまとめると…

10/2(日)練習時間外に体調不良を訴え病院へ
10/3(月)水頭症の診断を受け入院
10/11(火) 手術を行い療養
10/17(月) 容態が悪化しICUにて治療に専念

このように時系列でまとめると、およそ2週間ほどで状況が変化していることが分かりますよね。

突然の出来事に所属チームやファンの皆さんは驚きを隠せない様子。

水頭症の手術が成功していたのかどうかについては明かされていません。

工藤壮人の水頭症の原因は?

工藤壮人選手が患っている水頭症の原因は、公表されていないので詳しい情報は分かりませんでした。

ただ一般的に水頭症が起きる原因は…

・先天性の原因
・脳出血
・腫瘍

と言われています。

工藤壮人選手はサッカー選手なので、

「ヘディングが原因なのでは?」

と言った声もありました。

しかし、ヘディングで水頭症になる可能性は低いそう。

また「くも膜下出血後」に水頭症を発症してしまった可能性も考えられるそうです。

工藤壮人水頭症の症状は?

工藤壮人選手が患っている水頭症とは、

水頭症とは脳室に髄液が過剰に溜まってしまったために脳を圧迫し、さまざまな症状を引き起こしてしまう疾患です。

引用:愛宕病院

だそうです。

本来循環している「脳脊髄液」がうまく循環・吸収されないことが原因で脳内の「脳室」が肥大してしまう病気。

水頭症の症状は2パターンあります。

以下の症状が現れる「非交通性水頭症」

・頭痛
・意識障害
・嘔吐

もう一つは「交通せい水頭症」

・歩行障害
・認知機能障害
・尿失禁

工藤壮人選手の症状について詳しく公開されてません。

その為、どちらに当てはまるのかは分かりませんでした。

主な治療法は「シャント手術」
溜まった脳脊髄液を体内に流す経路を作る手法。

工藤壮人の水頭症に対してネットの声は?

水頭症でICU治療中の工藤壮人選手に対してのネットの声を集めました!

現在(2022年10月)まだ32歳の工藤壮人選手。

突然の容態悪化に心配するファンの声が多数寄せられていました。

1日も早く回復し、元気な姿を見れるといいですね。

工藤壮人選手に関する記事はこちら↓

【画像】工藤壮人の嫁や子供は?年齢や顔画像についても!

工藤壮人の死因はワクチン説?入院していた病院はどこ?医療ミス?

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次