MENU

工藤壮人の死因はワクチン説?入院していた病院はどこ?医療ミス?

工藤壮人の死因はワクチン説?入院していた病院はどこ?医療ミス?

2022年10月21日に元サッカー日本代表選手の工藤壮人選手が急逝。

10月初旬から体調不良を訴え水頭症で入院をしていましたが、その後悪化しファンからは心配の声が続出。

突然の訃報報道に悲しみの声が上がっています。

そんな中、今回の工藤壮人選手の死因は「ワクチン説」が浮上しているので調査してみました!

目次

工藤壮人の死因はワクチン説?

水頭症で緊急入院し、手術をしていた工藤壮人選手。

今回の突然の死因は、

新型コロナウイルス感染症のワクチン説

が浮上しています。

しかし、こちらはネット上で噂になっているだけでデマだと思われます。

またなぜこのような水頭症とワクチンが結びついてしまったのかというと…

過去に新型コロナウイルス感染症のワクチン接種後にくも膜下出血などが起きたという事例が報告されていることから水頭症の起因のくも膜下出血とワクチンが結びつけられた可能性も。

さらに厚生労働省のホームページにも、

厚生労働省では、ワクチン接種後にくも膜下出血などが起きたという報告を公表しています。

引用:厚生労働省新型コロナワクチンQ&A

しかしこれは、

「くも膜下出血の原因がワクチンだった」と公表されたのではなく「ワクチン接種後にくも膜下出血と診断された」という報告があった

と公表されただけなんです。

ちなみに工藤壮人選手が新型コロナウイルス感染症のワクチンを接種していたかどうかも定かではありません。

工藤壮人が入院していた病院は?

工藤壮人選手が入院していた病院については、

公表されていません。

そのため特定することができませんでした。

ただネット上では手術直後に容態が悪化しているため、病院側の医療ミスを指摘する声が多数上がっています。

こちらも憶測にすぎないため、事実ではない可能性が高いです。

工藤壮人の死因についてネットは?

工藤壮人の死因はワクチン説?入院していた病院はどこ?医療ミス?

工藤壮人選手の死因が「ワクチン説」についてネット上でどのような声が上がっているのでしょうか?

ワクチン接種後に水頭症になった人がいるといった声もありました。

実際の因果関係は明らかになっていません。

まだ小さいお子様と奥様を残して亡くなられたのはご本人が一番悔しいはずですよね。

ご冥福をお祈りいたします。

工藤壮人選手に関する記事はこちら↓

・【画像】工藤壮人の嫁や子供は?年齢や顔画像についても!

工藤壮人の現在は?水頭症の原因や症状は?くも膜下出血だった?

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次